ダイエットのカギはランチにありか

 

ダイエット,バスト

 

 

栄養指導やカウンセリングに力を入れているという

 

「ホール・ヘルス・ニュートリション」の管理栄養士ランジュバン博士が、昼食をしっかり摂るといろいろ頑張っても落ちなかった体重を落とす事ができると言う。

 

 

有名セレブメディアサイトでも語っています。

 

 

 

 

見ているとランジュバン博士が言うには

 

 

1日の総カロリーの4割%をランチ(昼食)で摂ることが最良だそうで、「日の摂取カロリーが1500kcal」の女性の場合には昼食に600kcal、残りの900kcalを朝と夕食、また間食に分配してとることがおすすめだと言う。

 

 

 

カロリー配分法で健康的に痩せる

 

 

アメリカの専門家もそう話すのだから一度は試してみる価値があるかもしれません。

 

 

女子会でランチタイムを楽しむのもいいかも。

 

 

 

米国臨床栄養学誌でも2016年10月の実験結果で、同じ食事内容でも食べるタイミングを少し工夫したら健康的に体重を減らすことができたというのよね。

 

 

カギとなるのが昼食なのだとか

 

実際に肥満78人が参加し12週間にわたり50%の女性はランチ、
残り半数の女性は夕食に比重をおいた食生活に挑戦している。

 

 

その結果は?

 

 

@ランチをちゃんと摂った女性は平均して5.8kg減量

 

A夕食をちゃんと摂った女性は平均して4.5kg減量

 

さらに昼食に比重をおいた女性の方が血糖値の上昇するのが抑えられて糖尿病のリスクも低下したというのよね。

 

 

ステキな情報です。

 

 

 

 

 

さらなる検証でどんどんダイエット効果のある方法や食材、サプリメントを発表してほしいものですね。

 

 

 

 

 

 

トップページへ移動

 

 

不二子の様なバストになる♪